インフラエンジニアは人間じゃない

インフラエンジニアのブログ。毎日19:00更新。

VMware 仮想マシンのスナップショット削除処理が終わらない場合の対処方法

どうもインフラエンジニアのねるです!

 

今回はVMware関連の記事です。

きっとお困りの貴方の役に立つと思います。

 


 

1.VMware 仮想マシンのスナップショットとは

VMwareの便利な機能「スナップショット」は、

仮想マシンがパワーオフの状態はもちろん、

パワーオンの状態でも取得することが出来るバックアップ機能です。

 

しかし、スナップショットの削除コマンドを実行しても、なかなか終了しない時があります。

そんな時にどうしたらいいか、まとめてみました。

 

2.仮想マシンのスナップショット削除処理が終わらない場合の対処方法

こんな記事を書いておいて、凄く悲しいことを言って申し訳ありません。

仮想マシンのスナップショット削除処理が終わらない場合は…

終わるまで待って下さい。

 

今すぐ終わらせたいと思うかもしれませんが、こればかりは待って下さい。

無理矢理終わらせようとすると、データが破損します。

 

仮想マシンのスナップショット削除をなぜ待たなければいけないのか?

それはスナップショットの仕組みにあります。解説していきます。

 

3.仮想マシンのスナップショット作成の仕様

スナップショット作成コマンドを実行すると、1つのvmdkファイル(仮想ディスク)を作成します。

現在のデータが入っているvmdkファイルの状態を維持してバックアップデータとするためです。

 

スナップショットが作成された状態でゲストOSからデータの変更が発生すると、

差分データを新しいvmdkファイルに書き込みます。

 

4.仮想マシンのスナップショット削除の仕様

スナップショット削除コマンドを実行すると、

スナップショット作成時に作成したvmdkファイルと、元のvmdkファイルを統合しようとします。

 

スナップショットの削除中は2つのvmdkファイルを1つにしようとしている状態です。

これを途中で止めると、データが破損してしまうことは容易に想像できると思います。

 

5.仮想マシンのスナップショット削除を無理矢理止める方法は?

データはいいから、とにかくスナップショットの削除を止めたい!

というケースもあると思います。一応止める方法はあります。

 

それは、ESXiの再起動です。

 

vCenterServerではなく、ESXiの再起動が必要になります。

vCenterServerの再起動をすると、vCenterServer上からはタスクがなくなったように見えますが、実際にタスクを実行しているESXi上ではタスクが実行されたままになります。

また、ゲストOSの再起動や停止・起動も意味がありません。

あくまでvmdkファイル=仮想環境部分での処理です。

 

今回の記事が少しでもいいと思ったら「カラースター」をお願いします。

「読者になる」ボタンからこのブログの読者登録をお願いします!

 


 

VMwareについてはとても詳しいです!優秀です!

どこかの企業さん、僕を雇いませんか?!?!?!

当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

当サイトへのコメントについて
当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。
全てのコメントは管理人である東海ねるが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。
加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
極度にわいせつな内容を含むもの。
禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの