インフラエンジニアは人間じゃない

インフラエンジニアのブログ。毎週水曜日19:00更新。

【恐怖】Hagex事件が怖すぎてインターネット出来ない件

皆さん、おはようございます。

インフラエンジニアのねるです。

 

今回はHagex事件について、

感じた事を話したいと思います。

 

ãããçä¸ã®ã¤ã©ã¹ã

 

1.Hagex事件とは

 ネットウォッチャーの「Hagex」さんが、

 福岡市内で刺殺されるという事件が起きました。

 刺殺事件自体は、残念なことに今の日本ではそう珍しくもないのですが、

 今回の事件の背景が、とても恐ろしいもので僕はネットが怖くなりました。

 

 Hagexさんは炎上ネタを主に投稿するはてなブロガーでした。

 過激な発言から、恨みを買っていた可能性はあると考えられます。

 

2.Hagex事件の背景「低能先生」とは

 「低能先生」と呼ばれる、はてなブログの荒らしがいます。

 はてなブログIDコールの機能を使用して、ユーザに誹謗中傷をしていました。

 Hagexさんも低能先生荒らしの被害者の1人で、

 下の記事からも、ネット上でバトルを繰り広げていたことが伺えます。

hagex.hatenadiary.jp

 

 Hagexさんは低能先生から誹謗中傷を投げかけられては、

 冷静に運営に通報をするということを繰り返していました。

 

3.Hagex事件から学ぶこと

 炎上ネタを扱ったり、過激な発言をして自ら炎上したり、

 ネット上での炎上に留まればまだ可愛いものですが、

 それが今回はリアルにまで波及し、更には殺人事件にまでなってしまいました。

 

 インターネットは自由な発言を出来る素敵な場所です。

 しかし、行き過ぎた発言をしてしまうと、思わぬトラブルを引き起こす事もあります。

 特に火(炎上ネタ)の扱いには気を付けましょう。

 

 ただ、こういった事件からインターネットでの自由な発言が制限されるべきとは、

 思いません。

 インターネットは匿名であってこそ、自由な場所だと僕は思います。

 

 Hagexさんのご冥福をお祈りいたします。