インフラエンジニアは人間じゃない

インフラエンジニアのブログ。毎週水曜日19:00更新。

Windowsのアクセス権について 徹底解説!

はいどうもインフラエンジニアのねるです。

ファイルサーバ容量増えすぎる。

 

ファイルサーバの管理・運用をしていると、アクセス権の設定が必要になります。

Windowsのアクセス権設定について紹介していきます。

 

1.Windowsファイルサーバのアクセス権設定方法

 Windowsファイルサーバのアクセス権設定方法には、大きく2種類あります。

 ActiveDirectoryのアカウントに対する設定か、

 もしくは、ローカルのアカウントに対する設定になります。

 

(1)ActiveDirectoryのアカウントでアクセス権を設定するメリット

 ・ActiveDirectoryを使用している環境の場合、新規アカウント作成が不要

 ・ファイルサーバが複数ある環境の場合、サーバ間で同じ権限設定をしやすい

(2)ActiveDirectoryのアカウントでアクセス権を設定するデメリット

 ・ActiveDirectoryを使用していない環境の場合、ActiveDirectoryサーバの構築が必要

 ・ActiveDirectoryサーバが障害等で使用できない間、ファイルサーバも使用出来なくなる。

 

(3)ローカルのアカウントでアクセス権を設定するメリット

 ・ファイルサーバ以外のサーバ(ActiveDirectoryのサーバ)が不要なため、簡単に環境設定ができる

 ・障害発生時に原因の切り分けがしやすい。

(4)ローカルのアカウントでアクセス権を設定するデメリット

 ・ファイルサーバ毎にアカウントを作成しなければいけないため、管理・運用が煩雑になりやすい。