インフラエンジニアは人間じゃない

インフラエンジニアのブログ。毎週水曜日19:00更新。

VMware vSphere vCenterServer CPU、メモリ パフォーマンス情報 保持期間 設定方法

はいどうもー!
インフラエンジニアのねるです!

今回はインフラエンジニア的な記事になります!
仮想化ソフトであるVMware vSphereのお話です。

VMware ESXiや仮想マシンのCPUやメモリのパフォーマンス情報を確認する方法


vCenterServer(VMware環境管理サーバ)上で、
各ESXiや仮想マシンのCPUやメモリの使用率グラフを見れますよね。
対象のESXiまたは仮想マシンを選択してパフォーマンスタブをクリックすれば見れます。

パフォーマンスタブで確認できるCPU、メモリなどのパフォーマンス情報は一定期間が経過すると消えてしまいます。
なので・・・
トラブルシューティングの際に1ヶ月前のリソース使用状況と比較したい!」
「いつからメモリ使用率が高くなってしまったか調べたい!」

といった場合に、パフォーマンスデータが消えて見えなくなってしまってる場合があるんですね。

そこで!
vCenterServerの設定で統計情報を保持する期間を変更することで、過去のデータを保持することが出来るようになります!

<vCenterServer パフォーマンス情報の保持期間変更方法>


vSphere ClientもしくはWeb clientでvCenterServerに接続してログインします。
vCenterServerを選択して、管理メニューからvCenterServer設定を選択します。
メニューから統計情報を選択し、任意の間隔とログの保存期間を設定します。
また、ここで統計レベルを変更することで、取得するデータを変更することも出来ます。
ちなみに、保存期間や統計レベルを変更すると、必要となるSQLのDBサイズが増えるので、注意してください。

今回の記事が少しでも役に立ったら「カラースター」を下さい!
また、VMwareの技術情報は随時ブログで更新していきたいと思っているのでよければ「読者になる」ボタンから登録をお願いします!

今回はこれで終わります。
ありがとうございました。