インフラエンジニアは人間じゃない

インフラエンジニアの備忘録

今若者に大流行中のHCI(ハイパーコンバージドインフラ)ってなに?

ハイパーコンバージドインフラのねるです!

よろしくお願いしますドインフラ!

 

さてさて、今回はHCI(ハイパーコンバージドインフラ)とは何かがテーマですね。

くらえ!ハイパーコンバージドインフラ!

 

なんやかんやゆうてますけども、HCI(ハイパーコンバージドインフラ)というのは、

一般的なx86サーバにですね、ストレージが統合されたものなんですね!

 

今までのサーバとストレージの構成は、図1のように物理サーバが、

仮想環境であれば物理サーバ上にVMが複数台あります。

そこからSANスイッチなどを経由して物理ストレージに繋がっていて、

その中に論理ボリュームが作成され、物理サーバは論理ボリュームをマウントします。

 

<図1.従来のサーバ・ストレージ構成イメージ図>

f:id:nell17world:20170917211825j:plain

 

HCI(ハイパーコンバージドインフラ)はこの物理サーバ部分と物理ストレージ部分が、

なんと統合されているんですね。技術がどんどん進歩していきます。

 

ちょっとまった!

つまり、普通のサーバのハードディスクをストレージとして使うイメージって事?!

それってストレージの容量かなり小さくなってしまうのでは?!

 

・・・と思うじゃん?

違うんですよ。

 

ITは日々進歩しています。高集積化が進んでいる事によって、

小さなハードディスクに何TB、何PBもの容量が保存出来るようになっています。

技術が発展したことによって生まれた新しい技術、

それが、

そう!

 

HCI(ハイパーコンバージドインフラ)なのです!

 

HCI(ハイパーコンバージドインフラ)の構成図は図2の通り、

物理サーバがローカルストレージを持ち、

複数の物理サーバが持っているローカルストレージをスイッチ経由で接続し、

1つの大きなストレージとして物理サーバから接続できるようになっています。

 

<図2.ハイパーコンバージドインフラのサーバ・ストレージ構成イメージ図>

f:id:nell17world:20170917213133j:plain

 

では、HCI(ハイパーコンバージドインフラのメリットってなんでしょう?

一番大きなメリットは、サーバ構築が簡単で、作業費用が抑えられるという事です。

また、サーバを増やす場合も、既存のストレージとの接続が不要なため、

本番環境に影響なくサーバを増やすことが出来るという運用上のメリットもあります。

 

ベンダーで言うと、VMware社や富士通社が力を入れているようですね。

僕はVMwareが好きなので、VMwareの宣伝をすると、vSANを推しているみたいです。

vSAN を利用したハイパー コンバージド インフラストラクチャ

Essential Virtual SAN (VSAN)Administrator's Guide to VMware Virtual SAN【電子書籍】[ Cormac Hogan ]

 

そもそもまだ仮想化を知らない、してない方は、

どんどん仮想化をしていきましょう!最高のコストパフォーマンスを感じられます!