読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インフラエンジニアは人間じゃない

インフラエンジニアの備忘録

今更聞けないよな・・・HTTP401 エラーとは

おはようございます、今日も明日もねるです。

久しぶりの更新はHTTPの401エラーについてです。

 

結論:HTTP 401は認証エラー

皆さんも銀行のATM等で暗証番号を入力したり、

LINE等のアプリにログインするための、メールアドレスやパスワードを入力してログインする機会はあると思います。

コンピュータの世界ではログインボタンや暗証番号の最後の1桁を入力した瞬間に、

"認証"ということをします。

認証では、メールアドレスとパスワードの組み合わせが正しいことや、暗証番号が正しいことを確認します。

もし、世界から認証がなくなると、あなたの友達とのLINEメッセージのやり取りが、誰でも見れるようになってしまいます。

 

f:id:nell17world:20170328232518p:plain

 

HTTPプロトコル(Webページ等)で、認証エラーが発生したことを表します。

このHTTP401コードが出ると、ユーザの画面にはIDやパスワードを入力する画面が表示されることが想像されます。

なぜHTTP401エラーが発生してしまうのか

エンジニアの方にとっては悪い話ですが、原因は"これ"と断定することは出来ません。

ただし、おおよそいくつかのパターンに分けることは出来ます。

 

ケース①:IDやパスワードが間違っている

 ⇒一番簡単です。正しいIDやパスワードでログインし直すことで解決します。

 

ケース②:認証機能に障害が発生している

 ⇒一番厄介です。認証機能を中心に詳細な調査が必要になります。

  インフラエンジニアであれば、サーバのリソース使用率が高くないか、

  OSのイベントログにエラーが出ていないか等を調べます。

 

特に厄介なパターンは認証機能を別出ししてサーバを立てている場合です。

Webサーバと認証サーバの間のネットワークも疑わなければなりません。

クライアントからサーバへリクエストを送信したログを1つ1つ紐解いて、

どこからどこまでの通信はうまくいっていて、

どこからがおかしいのかを地道に突き止めましょう。